中古車とは、車のメーカーが生産して自動車登録(自動車ナンバーを取得)した車全般を言う。一般的には一度エンドユーザーが購入し、あるいはレンタルした車を再び売りに出した時の車を指す。もちろん中古車を購入した後に再び販売に出した車も含まれる。また、メーカーや販売店が試乗車の目的などでナンバーを取得したがまったく使用しないままの車も含まれる。

車の下取りとは新しい車を購入しようとする時、ディーラーに現在所有している車(中古車)を渡し、購入する車の価格から現所有中古車の価格分だけ値引きしてもらうことをいう。

日本の車ビジネスの歴史を見ていくと、車の生産が盛んになり始めた60年代には、生産者及び生産者系列の販売店が下取りをして次の新車を販売する方法が主だった。生産者は下取りした車を中古車専門業者に流していたが中古車の流通には熱を入れていなかった。70年代になると中古車業界内での流通が活発になり各地で業者間によるオークションが開催されるようになった。高度成長期に入り新車の販売と同時に中古車の需要も高まると、ガリバーのような大手の中古車専門業者が出始めた。同時にインターネットの発展とともにネットオークションも活発になった。このため中古車を処分する方法として、下取りのように取引価格があいまいな方法より金額が明確にわかる買取りの方法が盛んになった。つまりディーラーではなく中古車を専門に扱っている業者に買い取ってもらう方法である。

90年代後半になると車市場全体が低迷するようになり、中古専門業者は新たなビジネス方法の開拓を迫られ、オニキスのような来店持込み車の買取りシステムを立ち上げる業者が出る一方で、トヨタが買取専門店チェーンを構築するなど生産者も中古車買取りの方向にシフトしている。また、中古車は主にロシアや東南アジアに輸出されるようになったため、需要供給のバランスから流通価格を押し上げる影響も出ている。

エンドユーザーの立場からすれば、車を処分する場合、相見積もりを取って出来るだけ高価格で処分する幅が出来たことになるが、それだけ手間と手腕を問われることになる。査定前に流通価格をチェックするにも、価格に反映される条件に対する知識の有無が重要になる。安全かつ迅速に処理するには複数業者に見積もりを依頼し、信頼のおける業者を選ぶことが重要になるだろう。いずれにせよ高い買い物をするのだから、車自体について、歴史、構造、各部品から未来に至るまで、豊富な知識を持って臨むに越したことはない。

愛車を高価買取する方法

車買取

車 買取|知らなきゃ損する!確実に中古車を高く売る秘訣!!

車買取の秘訣はコレ!車を高く売るためのたった2つのポイント!!中古車を高く買取させるには一括査定を利用すること!その一括査定の賢い利用法とは?